ストレスはちょっとしたところでも溜まっていくもの。

昨夜夜のバイトを終わらせて家にたどり着いたのは午前を回っていた。
何だか疲れたよ。

そう言えば金曜日の帰り際、会長派の管理職がひと言。

「バイトしてることバレるなよ、首が飛ぶぞ」

それを聞いて、苦笑いの俺。
ははは。

別に首でもいいんだけどね。

「待てよ」

ちょっと、不安になった。

果たして、
彼女(時々ちょっかいを出してくる職場の女の子)はどっち派なんだ?
もしかしたら口止めの必要があるのかな?

ストレスの元が増えてしまったようだ。

寝室に入ると、
ベッドでは俺のストレスを知らない妻が気持ちよさそうに寝息を立てている。

「まったく、幸せそうな寝顔だよ」

ちょっとだけ、妻の寝顔に癒されている俺だった。

身体も癒されたいよ。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました