嬉し恥ずかし二年ぶりの夫婦の営みはまるでアダルトビデオのようにエロっ。

俺は妻のその濡れた秘部に静かに舌を這わせた。

※ここからしばらくは、
俺の二年ぶりの夫婦の営みを官能小説風にお送りいたします。

恥ずかしながら二年ぶりに妻を抱いた俺はまるでチェリーボーイのようだった。
妊娠してから今、このときまで。 妻がその気に(どの気だよ?)なってくれるまで、 長かった。 めっちゃ長かった。 妻の温かくそして柔らかな肌に触れる。 少し肉付きが良く、ふくよかになったような気がするが、大丈夫。 まだ...

この記事からの続きになります。

 

「あ、感じる、よ、、」

俺のだ液と愛液の入り交じった濡れ濡れのソコに指を入れてみる。
ぬるっとしたソコは俺の指をすんなりと受け入れ、

キュッと締め付ける。

「あああ、あ、う、んん、、いい」

静かに指を出し入れし、ピストンを始める俺。
クリトリスを舌先で刺激しながら、徐々に指の動きを速めていく。

「あ、ああ、い、いい、気持ちいい、い」

久しぶりに挿入される指に妻も声を荒げていく。

まるでアダルトビデオのワンシーンのような、
そんな淫靡な雰囲気が漂う。

激しく、さらに激しく、
強弱をつけながらクリトリスを舌先で転がす。

堪りかねたように、
妻は握っていた俺のにぎちんぽに唇をあてた。

「うう、」

今度は俺が声を漏らしてしまう。

「ねえ」
「気持ちいい?」

俺のちんぽを美味しそうにしゃぶりながら、
妻が小さな声で聞いてきた。

気持ちいいに決まってる。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました