大きくしたくせに責任を取らないでさっさと寝入ってしまう冷たい妻。

真夜中の攻防戦のあと、

実は翌日も連荘でやってしまいましたが、そのあとは三連休でした。

昨夜は俺の方は当然のやる気満々だったけど、仕事で帰宅がずいぶん遅くなってしまった。
妻も何気にやる気はありそうだったものの、

「明日も仕事、早いでしょ、、」
「疲れてるみたいだから、今日は寝よう、ね」

と、俺を気遣ってくれたのだ。

でも、気遣ってくれる言葉を掛けながらも、妻の手は俺のオチンを優しくさわっている。
何だそりゃ!

妻のタッチにむくむくと大きく反応するおちん。

「ごめん、大きくしちゃった、、」

「おいおい、こんなにしたんだから」
「責任とってくれよ」

と、言う俺に

「だめ!今日は我慢するの!」
「あなたも我慢、私も我慢、、ね」

と、答える妻。

「おやすみなさい、チュッ」

おやすみのキスをして、そそくさと眠りに入る妻。

何だよ、本当に。
俺の下半身の安否を確認しただけかい!

責任を取ってくれない妻に少し拗ねながら、

「まあ、いいや、俺も今日は何だか疲れたし」

と、自分で自分を納得させ、
おちんに集中していた血の流れを体全体へと分散させる俺。

おちんの腫れが引く頃には、
俺はいつしか深い眠りに落ちていたのだった。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました