お先で失礼しました。

我慢が限界へときていた俺は
「ね、お願い…、頂戴、オチン欲しいの」
と妻からのおねだりに負け、妻のヌレヌレのそこにペニーを進入させた。妻は俺の腰に手を回し奥まで俺を招き入れ、
「はあぁ…、あぁ…」
と気持ちよさそうな声を漏らす。
グショグショの愛液を吸収して俺のペニーは妻のおま●この中で更に膨らみを増した。

―<中略>―

ああ、情けない…。

妻の呼吸と喘ぎ声が段々と荒くなり、
「あ、いい、気持ちいい…は、はぁ、ああ…」
「いい、あ、いきそ…う」
「もっと、もっと突いて…あ、んん、はぁ」
クライマックスを迎えようとしていたのに…。…気持ち良すぎたんだ。
…………溜まっていたんだよ。

妻よ申し訳ない。
先にいってしまった俺を許してくれ。

「もうちょっとで…いけたのにな」
肩で息をしながら妻がボソっと呟く。

小さくなったペニー同様、小さくなる俺。
「ごめん、気持ち良すぎて…、2回戦いこうか?」
と言う俺のいい訳に、
「う~ん、今日はもう遅いから我慢する」
パジャマを着直しながら不満気に妻が答えた。

妻よ面目ない。
したいしたいばっかで、君を満足させれなかった俺を許してくれ…。

「妻よ、お先で失礼」

コメント

タイトルとURLをコピーしました