抱かれたい気持ちと身体とのギャップ。

妻の生理中につき今週は充電期間です。

前にも書いたように、
この期間に合わせ俺の湧き上がる性欲は減退する。

「一穴主義」を厳守する俺の身体サイクルができあがってしまっているわけだ。

仕方ないので、以前のことを思い出しながら書いてみる。

いつだったか妻を抱いたとき、
妻は乱れ、喘ぎ、求めるのだが、不思議と妻のあそこはあまり濡れてなかった。

「おかしい」

そう思いながらも妻に愛撫を続けておちんを挿入。
暫くは久しぶりの俺のおちんに甘い声をあげていた妻だったが、途中で静かになる。

「どうした?」

俺の問いかけに、

「何でもないよ」
「ね、早くちょうだい、、」
「早く、あなたの精子、いっぱいちょうだい、、」

小さな声で妻は求める。

その淫らな求めに俺の腰はフル回転だよ。
そして妻のお腹にびゅっと俺の溜まったものを吐き出した。

「はぁ、、あぁ、ねえ、気持ちよかった?」

妻の問い掛けに大きくうなずく俺に、

「そう、、よかっ、た」

静かに答える妻。

様子がおかしい?

「どうした?」
「気持ちよくなかったのか?」

俺は妻に聞き返した。

すると小さな声で、

「ごめんね、途中から痛くなってきたの、、」

と返事を返す。

「もしかして、今日は本当はその気がなかったのに」
「無理したんじゃないのか?」

俺は急に妻に申し訳ない気持ちになった。

「違うよ、したかったんだよ、欲しかったんだよ」
「だって、ご無沙汰だったんだよ」

俺の腕にしがみついて妻は囁いた。

気持ちでは欲しがっていても、もしかしたら身体はそれほど欲っしてなかったのかも知れない。
きっと女性は気持ちと身体にギャップがあるんだね。

難しいな女性の身体は。

また一つ女性の神秘を認知した俺だった。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました