拗ねた俺のおやすみのキスはちょっとだけ事務的な感じだった。

週末の昨晩、いつものようにちょっとだけ、

いや、けっこう期待していたのに。

早く帰るためにと仕事を家に持ち返ってしまい、やり終えたときは既に深夜の2時前。

先に布団に入っていた妻の横に潜り込んだら、

「遅くまでお疲れさまね」

先に寝ていると思った妻が起きていた。

目を覚ましただけかもしれないけれど、俺を待っていたくれたと勘違いした俺は、
さわさわと、妻の胸に手を伸ばす俺、

「もう、遅いから駄目!さわらないで」

胸を触られることに拒否はなかったけれど、
それ以上先に進もうとすると妻からストップがかかった。

仕方がないな。
家に帰ってまで、遅くまで仕事している俺に、妻も少々ご立腹のようだし。

こんな時間だし。

それに、俺も今日は少し疲れた。
仰向けに向きを変え、天井を見ながら静かに目を閉じる俺。

「おやすみのキスは?」

拗ねたような声で、妻がキスを催促してくる。

おあずけを喰らった俺は、
妻よりも拗ねていたのかも知れない。

「はいはい、おやすみ」

ちょっと事務的ではあったが、
妻に軽くキスをして俺は夢の中に入っていった。

せっかく起きていてくれた(目覚めただけだったけど)妻に、
大人げない態度だったかな。

少し反省。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました