夜への期待に胸と下半身を膨らませることになった朝のエロエロな出来事。

俺のエロ指数が高まっていくのを感じる今日この頃です。

朝方、妻が俺の腕に寄り添うように寝返ってきた。
柔らかな妻の乳房が俺の胸に触れ、その感触にビクンと俺の下半身が反応する。

寝ている妻を起こさないようにそっと手を伸ばし優しく乳房を弄りながら、
乳首に指先で触れてみた。

「う、ん、んん」

妻の口から静かに吐息がもれる。
その吐息に一気に起床する俺の下半身。

俺は指先で円を描くように乳首に刺激をあたえる。

「あ、んん、あ」

体をビクっと震わせる妻。
柔らかかった乳首が段々と硬くなってくる。

硬くなった乳首を指先で摘まむように愛撫する俺。

「あ、はぁ、ん、あ」

摘ままれた感触に目を覚ましたのか、妻は俺の股間へと手を伸ばしてきた。
パジャマの上から硬くなった俺のモノを静かに弄る妻の指先。

朝立ちとも相まって、
何時もよりも硬度を増すモノは弾きれんばかりに大きく膨張。

「あ、ああ、あ、あん」

弾くように乳首に刺激を続ける俺の指先に合わせるように、妻の吐息が激しくなっていく。

「うんん、もう、あ、はぁ、あ」

妻の吐息が喘ぎに変わろうとしたその時、

 

ぴぴっぴぴっぴぴっぴぴぴ

 

久しぶりに目覚ましによって水を差されてしまった。

「朝の支度しなくちゃ」

俺の頬に軽くキスをして妻はベッドから起き上がる。

残念だけど、俺も仕事に出掛ける準備をしなくてはいけない。
余韻が残る元気満々な下半身と共に起き上がる俺。

仕事に出掛ける玄関先で妻が、

「お楽しみは今夜かな」

キスでお見送りしてくれた。

まじか?
まじで今日はいけるのか?

とうとう2年余り続いたセックスレスの卒業か?
期待に胸と下半身が大きく膨らんだ。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました