誘われて有頂天になっていた夜の話し。

食事に行ってきました。

お得意先の社員と同僚と三人で。

いやいや、
同僚の子は胸元の大きく開いたシャツに、かがむと見えちゃうぞってくらいのミニスカート。
開いた胸元からしっかりと谷間が強調され、お得意先にはいい接待になったのかもしれないですね。

スカートから覗くふっくらとした太股、そして白く柔らかそうな胸元。
その胸を押しつけるようにお酌されると、クラクラきてしまうよね。

お昼にブッキングの断りを伝えに行ったとき、

「あぁ残念、今日は勝負下着だったのに」

と言った彼女のジョークが耳に焼き付いている。

「ごめん、俺は今日、ふんどしだから」

そのときは冷静に返した俺だが、
食事中に少しアルコールが入るにつれ、頭の中で「勝負下着」「勝負下着」「勝負下着」と、彼女の台詞がこだまする。

ついつい、飲み過ぎてしまった俺だが、
そこはそれ、一穴主義を自負する男ですし、理性の働くうちにお開きを決め、

「ね、もう一軒いきましょうよ」

と言う彼女のお誘いを断り、彼女をタクシーへ放り込み駅へ向かう俺。

駅に着いて一息ついたところで、
それを見越していたように妻からメールが入る。

「お迎えはどうします?」

妻よ、さすがだ!

 

翌日、出勤した俺に同僚(男)がニヤニヤしながら、

「どうだった?彼女美味しかったか?」

エロオヤジを自称する俺に負けないくらいのエロイ顔で、
尋ねてくるではないか。

「ば~か、何にもねーよ」

と、冷静に答える俺。

「えー、もったいない」
「彼女口硬そうだし、俺だったら迷わず食っちゃうな」

「彼女とだったら、遊んでもOKじゃないの?」

もったいないと言うような顔で俺を覗き込む同僚。

「遊びで女抱くほど俺はもう若くないんだよ」

老いを強調してこたえる俺。

女性の皆さん、
職場で男どもはこんな会話もしてるんですぞ。

って、俺の職場くらいか。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました