たまには下半身の元気のない日もあるさ。

今週も終わったことだし、出掛けることもないし、

週末の夜の勤務でも始めたいなと思っていた昨晩。

俺はいつでもやる気満々だ。

今夜は妻からのお誘いがきてもいいかな?
なんて淡い期待をしていた。

先に布団に入り込み寝たふりしながら妻を待つ、、が、なかなか妻は寝室にやってこないのだ。

 

いつしか俺は夢の中へと落ちていった、、

ゴソゴソと気配を感じて目を覚ますと、妻が俺の腕枕に顔をうずめてきた。

「ん、、遅かったな」

寝言のように囁く俺の声に、

「あ、起こしちゃった?」

と妻は答える。

「疲れているのかな?」

そう言いながら、左手で俺の身体を撫でてくる妻。

胸からお腹、
そして腰の方に静かに手を這わせる。

「ん、、どうも今夜は反応が鈍いね」
「珍しいね」

いつもならビン!
と反応を示す俺のペニーが昨夜は寝ぼけていたようだ。

妻はそっと俺のおちんを握り、

「やや立ち!」
「休み明けで、疲れがたまってるんだ、、おやすみ、ね」

そう言って、軽くキスをして背中を向けた。

なるほど、妻の言うように疲れがたまっているのか?
おちんの反応が確かに鈍い。

だが、先程の妻の手の感触に徐々に反応しつつあるおちんは、
少しずつ硬度を増してきている。(時間差反応だ)

溜まっているのは疲れだけじゃなく、間違いなく性欲も溜まっているはずなのだが。

「まあ。いいか」
「たまにはこんな元気のない日もあるさ」

半立ちのおちんが本立ちしないうちに、、と、俺は妻を腕枕したまま目を閉じ、
速攻で夢の中へ入り込んでいった。