吹けば飛ぶような塵のようなものだけど、ほんのひと欠片の男のプライドが俺にもあるよ。

何度も妻に「拒否」されては落ち込み、「受け入れて」もらっては喜ぶってことを繰り返してきています。

本当に男(俺だけかもしれないけど)って生き物は単純だなって思います。

ブログには書いていないけれど、最近も妻にはかなりのお誘いを掛けてるんだ。
でも、ほとんど拒否されていますね。
確立的には、もう9割くらいで拒否されています。

1割あるだけでも救われてはいますが。

でも最近思うんだよね。
ここまで拒否され続けたら、俺にも吹けば飛ぶよな程度ですがプライドってあるからね、我慢にも限界があるのだな。

これは性欲の限界ではなくて、プライドの限界、、、。
ほんのひと欠片の男のプライド。

これほど拒否られ続けると、だんだんと自分が情けなくなってきて、これ以上はもう誘えないね。

「俺に抱かれるのが嫌なら、もう無理に抱かれなくてもいいよ」

以前の2年半余も続いたようなレス状態に戻ってしまうのかもしれません。

その期間も俺は妻以外には見向きもせず、克服してきた。
そんなことで大見栄はって、「一穴主義」なんて偉そうにブログを立ててみましたが。

、、、今回はどうでしょう?

結婚する前みたいに外で遊び呆けてしまうのかもしれないですね。

もしこのまま外に走ってしまったら、
俺も「似非一穴主義」の男だったって事ですね、、、。

今晩も「お誘い」掛けてみます。

でも、俺からの誘いはもう今日で終わりにします。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました