夜の営み

男にとって大好きな妻からのリップサービスがとても大事だと思う今日この頃。

互いに相手の嫉妬心を煽ってのセックス。 先般の相手の嫉妬心を煽るような妻との営みですが、 なかなか、よいものでした。(ちょっと変態チックみたいな感じで) 倦怠期やマンネリ打破になりますね。 みなさんも是非どうぞ。 ちなみに...
夜の営み

大好きな相手と嫉妬心を駆り立て合うようなセックスは輪をかけて激しさを増す。

俺のギンギンになったおちんを優しく、そして激しくおしゃぶりしながら、 「ん、美味しい、大きい、、」 と、リップサービスを繰り返す妻。 俺は右手を伸ばし、妻のぐっしょりと濡れたソコを優しくなでた。 「あん、う、ん、ああ」 ...
独り言

もしかして性欲が湧かないのは一穴主義を貫くための浮気禁止の発情サイクルなのか。

気持ちよく秘め事を終えた途端に妻の生理が始まった。 ふう、あのまま我慢してたら、更に一週間の我慢を余儀なくされるところだった。 よかった、よかった。 ところで、面白いことに気付いた。 妻の生理が始まって、土曜、日曜そ...
夜の営み

気が付けば、俺と妻は金曜の夜から土曜の朝にかけて熱い時間を過ごしていた。

時計は12時を過ぎていた。 と言うことは、もう金曜の夜ではなく土曜日の朝。 ぐっしょりと濡れた妻の愛液を潤滑油にクリトリスの愛撫を続ける。 妻の俺のちんぽを握る手に力が入るのがわかる。 「んん、、あ、気持ちいい、ああ、、あ」...
夜の営み

妻が健気にも花粉症に耐えているのにワガママな俺は欲求不満に耐えきれなかった。

花粉症に襲われていた妻に手が出せないでいた俺。 でも、とうとう我慢できなくなった俺は、寝込みの妻を襲撃した。 夜這いは日本の恋愛行為の原点だ! だから俺は夜這いを掛ける。 辛いときだから拒否されるだろうと予測はしていた。 ...
独り言

俺とのセックスで絶頂を覚えてしまった妻をイカさず焦らして気持ちよく。

妻と初めてセックスしたときのことですが、 お恥ずかしながら、俺は妻の中のあまりの気持ち良さに先にイってしまったのだ。 けっこう遊んでいて、そこそこの自信のあった俺は、 かなりの挫折感を味わった。 がっくりとうな垂れる俺に妻(...
未分類

大きなおっぱいは男のロマンかも知れないが、おっぱいは大きさじゃないんだ。

豊胸手術してみようかな? いきなり妻がそんなことを俺に言ってきた。 「え?なんで?」 俺はびっくりして聞き返した。 妻のおっぱいは巨乳とまではいかないが、カップにすればDカップ。 特に小さいとも思わない。 手の平...
夜の営み

フェラチオは余り好きではない妻はその代わりに騎乗位で俺にサービスする。

妻の方から俺の上に乗ってくることがよくある。 セックスレスが解消して最初の金曜の晩がそうだった。 ベッドに入ると何となく妻が求めてくる雰囲気が伝わる。 そう思った俺は妻にフェラをせがんでみた。 「舐めてくれないか?」 ...
夜の営み

花粉症という強敵から少しだけ解放された妻とのエロく甘く熱い夜。

昨日久しぶりに妻が求めてきてくれた。 花粉症が少し回復してきた一昨日。 「今日はできるかな?」 期待に胸を弾ませていたのですが、ひょんなことから妻と喧嘩になってしまい、そのまま口も利かず、 おやすみのキスもないまま就寝。 ...
セックスレス

めっちゃスケベな俺は心の隅っこにセックスレスの不安を未だに抱えている。

俺は本当にスケベなんだなと実感してしまう。 週末からおあずけ状態となって、まだ数日しか経っていないと言うのに、 やりたくてしょうがない! 二年余りもおあずけを喰らっていた俺の下半身が野獣と化している。 でも花粉症で全くその気...
タイトルとURLをコピーしました