ちょっとそれは意地悪過ぎるんじゃないか?

充電期間に入った途端。

妻がちょっかいを出してくるのだ。

せっかく性欲が減退して自分を抑えることが出来ているのに。

「口でしてくれるの?」

と俺が聞くと、

「い・や・だ!」

と笑みを浮かべながら答える妻。

「意地悪したいの」

そう言って、握った俺のペニーを舌先でレロレロと刺激する。

「ああ、、」

思わず声が出てしまう俺。
俺の反応を楽しむかのようにペニーをお口に頬張りながら、

「気持ちいいの?」

見せ付けるようにチュパチュパ音を立てて俺のペニーをしゃぶり続ける妻。
視線はいやらしく俺の方に向けられる。

「んん、、美味しい、、、」

やばい俺の理性が、、壊れる、、!!
我慢できなくなる!!

と思った瞬間、

「ご馳走様、おやすみなさい」

俺の我慢が限界に達するのを見越したように、妻はサッと俺に背中を向けて眠りの体勢に移行する。
背中を向けた妻に、

「おいおい、これじゃ蛇の生殺しだよ」

と訴えてみる俺。

「この前、ずいぶん苛められたからね」
「その仕返しなのよ、、」

妻はそう答えて、そのまま本当に寝入ってしまった。

「覚えてろ!」

硬くなったペニーをなだめるように頭の中で方程式を唱えながら、
俺は充電期間終了後のリベンジを強く誓った。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました