感無量!とうとう二年続いたセックスレスの期間が終わりを告げた。

5月 9, 2020

実はとうとう昨晩。

二年余り続いていたセックスレスから解き放たれました。

 


おめでとー

 


 


パチパチパチ

 

どれくらいのレス期間を過ごしてきただろうか。
妻が妊娠してから続いていたセックスレス期間だったから、たぶん妻を抱いたのは、二年ぶりくらいになるのかも知れない。

長かった。

俺にとっては、あまりにも長かったセックスレスの期間だった。

あまりにも長かったけども、
妻を抱いた喜びで、

そんな、

辛さも、
切なさも、
哀しさも、
みーんな忘れちゃいました。

つくづく男ってやつはバカな生き物だと実感する。
いやいや、男というより単に俺がバカな男なんだということだ。

いまはただ、ただ、感無量。

でもさ、

多くの甘い誘いに見向きもせず、
浮気心と戦いながら、

よく耐え抜いたぞ、えらいぞ、俺。

いま、

「初めて自分で自分をほめたいと思います」
という名言を残した有森裕子選手の心境であることは間違いない。

そして、

どうやら、

このセックスレスの壁を打破したのは、
目覚ましくんの電子音で中途半端になっていた、お決まりのおさわりパターン。

※目覚ましくんに妨げられていたおさわりパターンについては、
下記の二記事をご参照ください。

名付けて「焦らし作戦」だった。

この作戦の成果については後ほど書いていきたいが、

取り敢えず、
俺は二年続いた欲求不満の時間に終止符を打ったのである。