そろそろかなって思ってたけど、残念ながら妻の腰痛によりレス解消への道は遠のいた。

まだまだ、セックスレス解消への道は遠いです。

昨日めずらしく仕事中に妻からラインが届いた。
普段は仕事中にラインなんて送ってこないのにどうした?

ラインを開くと、

「痛いよ、腰が」

との本文。

慌てて妻に電話を入れてみた。
電話口からは笑いで誤魔化す妻の痛みに耐えるか細い声。

「なんかね、ぎっくり腰みたい」
「痛くて動けないよ」

「病院は?」

「だめだめ、車運転なんて出来ないよ」
「少し横になってじっとしてみるから、今日の家事はお休みさせて」

よほど痛いらしいな。

定時、残業もほっぽり出して俺は家路につく。
帰宅すると妻は横になっていた。

「お帰り、いたたた、痛いよ」

昼間の電話と同じように笑いで痛みを誤魔化す妻。

「ぎっくり腰だな」
「もう若くないんだから気をつけな」

俺が冗談交じりに言うと、

「失礼ね、まだ若いの!」

と返す妻。
これくらい元気があれば大丈夫かな?

「あーあ、これで夜のお勤めもしてもらえないな」

俺が嫌味っぽく呟くと、

「今日あたりいいかなって思っていたのに」
「これは神様が暫くエッチなんかするなって言ってるんだわ」

と嫌味には嫌味で答える妻。
そんな妻をソファで横にしたまま夕食づくりを俺ははじめた。

「ごめんね」

妻が小さく囁くのが聞こえた。

その晩はいつものといおり何もなく眠りについた俺と妻だったが、
夜中に寝返りをするたびに、

「あう!」
「痛ぁ!」

奇声を発する妻に、

睡眠不足を余儀なくされた俺だった。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました