夜の営み

夜の営み

実はやる気満々で俺のベッドへ入り込む妻。

ベッドで妻を待ち続ける俺。 なかなか寝室に現れない妻。 いつのまにか期待感は萎みはじめ、ついにウトウトと夢の扉を叩きはじめる俺だった。 そこに、 「ごめん、まだ起きてるの?」 寝室に入りながら、妻が小声で囁くように...
夜の営み

忍耐期間が長過ぎるんじゃないか。

忍耐期間はいつまで続くのか? 鈴鹿耐久レースの如く、「一穴主義システム」の忍耐モードが着実に形成されつつある今日この頃です。 週末、期待をしながらベッドに入る俺だったが、敢え無く撃沈…。 土曜の夜。 先週は俺も妻も土曜日に仕...
夜の営み

代り映えしないこのブログ。

一穴主義を貫く覚悟を誓う。 取り敢えず、ブログを中断している間に一穴主義を貫く覚悟を固め直したところで、再び本ブログを再開します。 もしかしたら、再開を心待ちにしていたなんていう奇特な方がいるのだろうか。 そんな方はいないと思...
夜の営み

顎の痛みよりも妻の肉体に溺れてしまうのはエロい旦那のお決まりのパターンですね。

前の記事を書いて、布団に潜り込んだ俺。 体も温まりウトウトと夢の入り口へ差し掛かったころ、ガバっと肌仕掛けをめくり上げられる。 「寒い!」 安眠を妨害され怒る俺に、 「ごめん、今日は寒いから毛布掛けてあげようと思ったの」...
夜の営み

男の嫉妬はみっともいと思っても湧いてくる嫉妬心は抑えられない。

昨日、途中で記事を切っちゃったんで、何やら変な期待を持たれた方もいらっしゃるのかな? いやいや、何のことはないのです。 妻は以前勤めていた会社のお得意様に食事に誘われただけだったんです。 このお得意先の方、妻との会話にはよ...
夜の営み

何と言うことだ、妻のお誘いがあったにも関わらず寝落ちしてしまうとは。

何と言うことだ。 せっかく妻からのお誘いがあったというのに。 睡魔に負けてしまった俺。 あー、情けない。 妻からすすめられ、「花より男子」なるマンガを1巻から読みはじめることに。 妻は既に2...
夜の営み

記念日の夜に美味しい美味しい夜食をデリバリーしてくれた妻。

セックスレスが明けた記念日。 記念日なので久しぶりに外食でもいこうかと予定していた。 しかし俺の帰りの時間が遅くなってしまったので断念することに。 帰りが遅くなるって連絡を入れた後、子どもらのブーイングに負けた妻は、デリバリー...
夜の営み

二人が出会った記念日にようやくセックスレスが解消された。

昨夜、いつもより子どもを早く床に就かせようとする妻。 上の子どもらに、 「早くベッドに入りなさい」 と、就寝を促す。 いつもなら1時間くらいかけて遊ばせながら寝かせる下の子もさっさと寝かせてしまった。 時間はまだ10時過ぎ。 ...
夜の営み

Tバックのリクエストに応えてくれたけど写メ撮るのより妻の肉体に夢中になるのは当たり前だね。

土曜日の夜は、しっかり俺のリクエストに応じてくれた妻。 でも、いざ写真を撮ろうとすると、 「写真なんか撮ってどうするの?」 とか、 「その写真何に使うの?」 とか事情聴取してくる。 まさか、 「こっそり...
夜の営み

駆け引きをしたわけじゃないけど待ちに徹したことで妻からのお誘いを引き出すことが出来た。

何とも嬉しい妻からのお誘い。 一昨日の木曜日の夜、風呂から上がった俺は寝室でPCに向かい仕事の残務。 妻は妻でリビングで自分のPCに向かい家計簿をつけている。 二人してPCに向かうと俺と妻は1階と2階の別々の部屋で時間を過...
タイトルとURLをコピーしました