夜の営み

夜の営み

男にとって大好きな妻からのリップサービスがとても大事だと思う今日この頃。

互いに相手の嫉妬心を煽ってのセックス。 先般の相手の嫉妬心を煽るような妻との営みですが、 なかなか、よいものでした。(ちょっと変態チックみたいな感じで) 倦怠期やマンネリ打破になりますね。 みなさんも是非どうぞ。 ちなみに...
夜の営み

大好きな相手と嫉妬心を駆り立て合うようなセックスは輪をかけて激しさを増す。

俺のギンギンになったおちんを優しく、そして激しくおしゃぶりしながら、 「ん、美味しい、大きい、、」 と、リップサービスを繰り返す妻。 俺は右手を伸ばし、妻のぐっしょりと濡れたソコを優しくなでた。 「あん、う、ん、ああ」 ...
夜の営み

気が付けば、俺と妻は金曜の夜から土曜の朝にかけて熱い時間を過ごしていた。

時計は12時を過ぎていた。 と言うことは、もう金曜の夜ではなく土曜日の朝。 ぐっしょりと濡れた妻の愛液を潤滑油にクリトリスの愛撫を続ける。 妻の俺のちんぽを握る手に力が入るのがわかる。 「んん、、あ、気持ちいい、ああ、、あ」...
夜の営み

妻が健気にも花粉症に耐えているのにワガママな俺は欲求不満に耐えきれなかった。

花粉症に襲われていた妻に手が出せないでいた俺。 でも、とうとう我慢できなくなった俺は、寝込みの妻を襲撃した。 夜這いは日本の恋愛行為の原点だ! だから俺は夜這いを掛ける。 辛いときだから拒否されるだろうと予測はしていた。 ...
夜の営み

フェラチオは余り好きではない妻はその代わりに騎乗位で俺にサービスする。

妻の方から俺の上に乗ってくることがよくある。 セックスレスが解消して最初の金曜の晩がそうだった。 ベッドに入ると何となく妻が求めてくる雰囲気が伝わる。 そう思った俺は妻にフェラをせがんでみた。 「舐めてくれないか?」 ...
夜の営み

花粉症という強敵から少しだけ解放された妻とのエロく甘く熱い夜。

昨日久しぶりに妻が求めてきてくれた。 花粉症が少し回復してきた一昨日。 「今日はできるかな?」 期待に胸を弾ませていたのですが、ひょんなことから妻と喧嘩になってしまい、そのまま口も利かず、 おやすみのキスもないまま就寝。 ...
夜の営み

連荘でやれるなんてもう二度と味わえないものだと思っていたけど。

実は昨日一昨日もやっちゃって連荘なのですね。 それにしても一昨日のセックスはよかった。 妻のいやらしい姿が脳裏に焼き付いちゃって離れない感じ。 思い出しただけで勃起してしまうくらい。 どこにしまっていたのか、もう捨ててしまっ...
夜の営み

嬉し恥ずかし二年ぶりの夫婦の営みはまるでアダルトビデオのようにエロっ。

俺は妻のその濡れた秘部に静かに舌を這わせた。 ※ここからしばらくは、 俺の二年ぶりの夫婦の営みを官能小説風にお送りいたします。 この記事からの続きになります。 「あ、感じる、よ、、」 俺のだ液と愛液の入...
夜の営み

恥ずかしながら二年ぶりに妻を抱いた俺はまるでチェリーボーイのようだった。

妊娠してから今、このときまで。 妻がその気に(どの気だよ?)なってくれるまで、 長かった。 めっちゃ長かった。 妻の温かくそして柔らかな肌に触れる。 少し肉付きが良く、ふくよかになったような気がするが、大丈夫。 まだ...
夜の営み

セックスが解消され長く続いていた俺の欲求不満に終止符が打たれた夜の話し。

朝の目覚ましに邪魔されながらも続けていたおさわり攻撃。 「継続は力なり」 とはよく言ったものである。 俺の方が焦らされまくっていたかにみえたが、 朝のおさわり作戦は、実は俺よりも妻の方が焦らされ悶々となっていたのだった。 別に...
タイトルとURLをコピーしました