性欲より眠気の方が勝っていた夜。

昨晩、妻といっしょにビデオを鑑賞。

午前2時頃、これまたいっしょに布団にはいる。

「ちょっと寒いよ、、ね」

と言う妻の言葉に、手のひらで肩や腕、お腹を摩ってあげた。

「あったかい、、あなたの手のひら体温が高いよね」
「きっと、眠いんだね」

そう言いながら、俺の手の温もりに浸っている妻。

俺もウトウトっとなりながら摩っていたんで、
偶然(過失です故意ではありません)手のひらが妻の胸元にふれた。

「ん、んん、、」

突然、悩ましい吐息をあげる妻。
ウトウトとしながらも、その妻の吐息に俺の下半身には血液が集中した。

びん!

すかさず、乳房をゆっくりとさすりながら手を肩の方まで移動させた。

「あ、あん」

手のひらが乳首を刺激したようだ。

「だめ!」

妻は自分の手で乳房をガードして、俺の次の攻撃に備えようと身構える。
肩から折り返した手で乳房をさわろうとするが、そこは妻の手によって堅くガードされていた。

「だめ!だめ!したくなっちゃうから、だめ!」
「まだ終わってないし、もう時間も遅いから、、」

ちょこっと芽を出した俺の「欲情」だったが、その言葉に素直に従うかのように大人しくなる。

「さ、寝ようよ、、」

おやすみのキスをして妻は俺に背中を向け眠りに入った。
俺も、仰向けの体勢になり静かに目を閉じる。

ところが、俺に背を向けた妻。
こともあろうか後ろ手で俺のペニーへと手を伸ばしてくる。

「あった、私のおちんちゃん」

静かに、おちんの先を指で転がしたり、玉の方から摩ったり、、、。

「おいおい」

せっかく静まった性欲がまたぶり返してくる。
妻の刺激に俺のおちんは脈打ち始めた。

ぎん!

「あ、おっきくなった、、じゃ、おやすみ!」

すかさず手を放し、妻は本当に眠りについてしまった。

釣った魚に餌をやらない妻。

「結婚当初は、こんな時はお口でしてくれたのに」

なんて心で嘆きながらも、
きっと昨日の俺は性欲より睡眠欲の方が上回っていたんだな。

あっという間に、眠りに入ってしまっていた。