俺がプレゼントしたリングを外すときは必ず伺いを立てる意外に律儀な妻。

5月 9, 2020

昨日の夕方だったかな、

「ちょっと、指が被れたみたいだから外していい?」

と妻が俺に断りを入れる。

妻が外したリングは結婚指輪よりもちょっとだけ長い時間、妻の指に光っている。
まだ恋人時代に俺がプレゼントしたものだ。

プラチナの表面は擦れ光沢もなくなってしまった古いリング。
妻は金属アレルギーがあって、ゴールドやシルバーの貴金属を付けると、肌荒れしてしまう。

そんなことから、妻へのプレゼントは全てプラチナ。
高くつく女性だ。

それでも、長くつけているとかぶれてしまうことがあるから、
結婚指輪やこのリングもそうなんだけど、
ときどき外して指の手入れをする。

そんな時は必ず、

「外してもいい?」

そう俺に伺いを立ててくるから不思議だ。

 

テーブルに置かれたリング。

 

擦れたその表面には、

「Same Dream」―同じ夢を―

そんなメッセージの刻印。

 

当時彼女だった妻に、その文字を刻んで贈った。

果たして、
俺は妻と同じ夢を見ているのだろうか?
妻は俺と同じ夢を見てくれているのだろうか?

擦れた文字のように、
あの時一緒に夢見たものも擦れてしまっていないだろうか?

擦れた、リングの刻印を眺めながら、
ちょっとセンチメンタルな気持ちになる俺だった。

リングを眺めている俺に、

「大丈夫よ」
「指の手入れが終わったら」
「ちゃんとつけますから」

妻はにっこり微笑んでそう囁いた。

そんな誤解を招くようなことがないように、気配りを欠かさない妻なんだけど、

でも、

でも、

でもね、

未だにセックスレス。

なぜ?

なぜなんだー?

 

Solitude

Posted by nihi