妻は大人のオモチャが好きではないようだけど一度だけ求めてきたことがあった。

オモチャって使ったことありますか?

そうです。
大人のオモチャのことです。

俺は過去に(まだ独身の頃かな)何度かありましたね。

でも、おもちゃより自分の持ち物で勝負!
なんてことを思っていたわけで、それ以降は使ったことはありませんでした。

ん?

「でした」

過去形ってことは?
はい、そうです。
妻との関係では使ったことがあります。

妻が俺以外のモノを受け入れて悶える姿を見たくて、こっそり買ってしまいました。
(ちょっとした寝取られ願望でしょうか?)

買ってしまったことを妻に告げ、
使ってもいいかと了解を取ろうとしたのだけれど、

「いや!」

即座にNGの返事か返ってきましたね。

妻はおもちゃを使うことを非常に嫌がっていました。
昔の男に使われて嫌な思いをしたことがあったようで、俺にその男と同じことをして欲しくなかったと言ってました。

断る理由は理解できたけど、逆に嫉妬心を覚えました。
俺以外の男に使われたことがあることに。

でもまあ、過去のことです。

と、大人の男を演じてみても、やはりジェラシーはふつふつと沸いてきます。
それと同時に、使わせてもらえないことがショックでもありました。

妻はそんな俺をみて、

「いいよ、あなたが使いたいなら、おもちゃ使っても」

本心なのか、俺に対する謝罪なのか。

でも結局、俺はおもちゃを使わなかった。
というか使えなかったって言う方が正しいのかも知れません。
無理強いしてまで使おうとは思わなかったし、どうせ使うなら妻がそれを求めたときの使いたいと思ったんだよね。

でも、暫くして妻の方から、

「ねえ、前に買ったって言ってたオモチャ」
「まだある?」
「それ使って、苛めて、気持ちよくさせて」

「あなたになら、使って欲しい」

そうおねだりしてくるときがあって、
そのとき使っちゃいました。

おもちゃをアソコに受け入れ、快感に浸りながら俺のおちんを咥える妻。

俺は独り占め思考が強いんでしょうか、俺以外のモノに悶える妻の顔が見たいと思っていながらも、
オモチャにまで嫉妬してしまった俺でした。

俺以外のモノに淫らに悶える妻の姿が今でも忘れられなくて、
ときどき思い出してしまいます。

でも、さすがは妻。
そんなときでも、俺を嬉しくさせるリップサービスは欠かしません。

リップサービスは大切です。

男にとって大好きな妻からのリップサービスがとても大事だと思う今日この頃。
互いに相手の嫉妬心を煽ってのセックス。 先般の相手の嫉妬心を煽るような妻との営みですが、 なかなか、よいものでした。(ちょっと変態チックみたいな感じで) 倦怠期やマンネリ打破になりますね。 みなさんも是非どうぞ。 ちなみに...

「オモチャなんかより、あなたのおちんの方がいいの」
「あなたのおちんの方がずっといいの」

それ以来、俺はオモチャを封印した。
オモチャなんかより俺のおちんの方を妻が喜んでくれることがわかったから。

もちろんそれがただのリップサービスだったとしても。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました